セージ の メモ書き

メモこそ命の恩人だ

C# - 必要条件 / 十分条件

必要条件 / 十分条件

2つの事象の成立条件を判断するために用いる考え方である。

表記 : p => q
意味 : "事象p" ならば、"事象q" が成立する。
事象 条件 内容
p 十分条件 q を成立させる場合、p のみで "十分" に成立する。
q 必要条件 p を成立させる場合、そもそも q である "必要" がある。
( = 前提条件のこと。)

ベン図で表現すると下記の通り。(継承関係、is-a関係 みたいな感じ?)

例えば、こんな感じ。

void Explain(string p, string q) 
{
    Debug.WriteLine($"命題:「{p}」ならば「{q}」が成り立つ。");
    Debug.WriteLine($"十分条件:「{q}」ことを成立させる場合、「{p}」ことで十分に成り立つ。");
    Debug.WriteLine($"必要条件:「{p}」ことを成立させる場合、前提として「{q}」必要がある。");
    Debug.WriteLine($"");
}
Explain("運動する", "生きている");
//命題:「運動する」ならば「生きている」が成り立つ。
//十分条件:「生きている」ことを成立させる場合、「運動する」ことで十分に成り立つ。
//必要条件:「運動する」ことを成立させる場合、前提として「生きている」必要がある。

Explain("幽霊である", "死んでいる");
//命題:「幽霊である」ならば「死んでいる」が成り立つ。
//十分条件:「死んでいる」ことを成立させる場合、「幽霊である」ことで十分に成り立つ。
//必要条件:「幽霊である」ことを成立させる場合、前提として「死んでいる」必要がある。

Explain("日本である", "地球である");
//命題:「日本である」ならば「地球である」が成り立つ。
//十分条件:「地球である」ことを成立させる場合、「日本である」ことで十分に成り立つ。
//必要条件:「日本である」ことを成立させる場合、前提として「地球である」必要がある。



以上