セージ の メモ書き

メモこそ命の恩人だ

AWS - アカウント作成/解約

(2021/8 時点の情報)

アカウント作成

準備

  • 以下が必要
    • メールアドレス・電話番号・住所
    • クレジットカード
    • SMS できる端末

作成手順

以下、実際にできるかやってみる。

サイトにアクセス

AWS クラウド無料利用枠 | AWS

ステップ1

ステップ2

ステップ3

ステップ4

ステップ5

完了


解約

注意事項

AWS アカウントを解約する

(抜粋)

・アカウントの解約には、対象の AWS アカウントにおいてルートユーザーとしてサインインする必要があります。AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーまたはロールを使用してアカウントにサインインしている場合は、アカウントを閉じることはできません。
・アカウントを解約した後も 90 日間はサインインでき、サポートケースの送信、または AWS Support へのお問い合わせが可能です。
・90 日経過後、アカウントに残っている全コンテンツが完全に削除され、稼働中の AWS のサービスは終了されます。
・閉鎖時に対象のアカウントに関連付けられていた E メールアドレスを使用して、新たな AWS アカウントを作成することはできません。
アカウントを解約する前にすべてのリソースを終了する

手順

AWS アカウントを解約する

1.アカウントのルートユーザーとして AWS マネジメントコンソールにサインインします。
2.ナビゲーションバーでアカウント名を選択し、[マイアカウント] を選択します。
3.[アカウントを閉じる] セクションまでスクロールします。
4.アカウントの解約条件を読んだ上で内容を確認します。
5.すべてのチェックボックスをオンにし、[アカウントの解約] をクリックします。
6.確認ボックスで、[アカウントを解約] をクリックします。
7.数分以内に、アカウントが正常に解約されたことを知らせる確認メールが届きます。

アカウントを解約してから 3 日後にアカウントにサインインして、すべてのリソースが終了したかどうかを確認できます。AWS 請求とコストマネジメントコンソールを開いて、引き続き請求が発生しているかどうかを監視します。すべてのリソースを終了した後も引き続き料金が発生する場合は、AWS Support にお問い合わせください。

ルートユーザーでサインインし、アカウントを選択。

一番下までスクロールし、チェックありにして「アカウントの解約」をクリック。

メールが届いたことを確認。

アマゾン ウェブ サービスをご利用いただきありがとうございます。
この E メールは、お客様のアマゾン ウェブ サービスアカウントが閉鎖されたことを確認するものです。
月の 1 日目以降に AWS アカウントを閉鎖した場合、引き続き別の請求書が届く可能性があります。
使用したサービスに適用される未請求の料金の詳細については、請求とコスト管理コンソールを参照してください。
請求とコスト管理コンソールでは、過去の請求書や税金書類をダウンロードすることもできます。
この E メールが間違って送信されたと思われる場合、または AWS アカウントの再開を希望される場合は、
サポートセンター (https://aws.amazon.com/support) を通じて AWS カスタマーサービスにご連絡ください。
AWS アカウントを再開できるのは、アカウントの閉鎖後 90 日以内に限ります。
90 日を過ぎると、アカウントの再開、このアカウントに関連付けられた E メールアドレスを使用した
新しい AWS アカウントの作成、請求とコスト管理コンソールへのアクセスはできなくなり、
閉鎖されたアカウントに残っているコンテンツは削除されます。
過去の請求書や税金書類のダウンロードを希望する場合は、こちらで行うことができます
 (月を選択し、概要セクションを展開して、請求書、税金書類、またはその両方をダウンロードします)。
この操作は閉鎖後 90 日を過ぎるとできなくなります。
詳細については、アマゾン ウェブ サービスアカウントの閉鎖ページを参照してください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



以上