セージ の メモ書き

メモこそ命の恩人だ

Vue.js - v-cloak ディレクティブ

v-cloak

API — Vue.js

  • cloak:マント(言い方:クローク)
  • マスタッシュ構文の表示を隠すことができる。
  • Vue インスタンスの判定を行い、表示制御する。
  • style で "[v-cloak] { display: none }" を指定しておく。

cdn の定義場所を遅らせることで、ちらつきを確認。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
    <style>
      [v-cloak] {
        display: none;
      }
    </style>
</head>
<body>
<body>

  <div id="app">
    <div>{{sample1}}</div>
  </div>

  <!-- マスタッシュ構文のちらつきを目視するため、定義場所をココに記述。 -->
  <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue"></script>

  <script>
    new Vue({
      el: "#app",
      data: {
        sample1: 'お試し'
      }
    });
  </script>
      
    </body>
</html>


v-cloak を付与することで、ちらつきがなくなることを確認。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
    <style>
      [v-cloak] {
        display: none;
      }
    </style>
</head>
<body>
<body>

  <div id="app">
    <!-- ↓ココ -->
    <div v-cloak>{{sample1}}</div>
  </div>

  <!-- マスタッシュ構文のちらつきを目視するため、定義場所をココに記述。 -->
  <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue"></script>

  <script>
    new Vue({
      el: "#app",
      data: {
        sample1: 'お試し'
      }
    });
  </script>
      
    </body>
</html>



以上