セージ の メモ書き

メモこそ命の恩人だ

Ubuntu - プロキシ設定

適用環境

注意:VI で設定すること

  • Windowsエクスプローラーからファイル編集した場合、Windows の改行コードが入る。
  • この場合、Ubuntu で正しくファイルを読み込めない。
  • ちゃんと vi 使って編集するように!!!

事前知識

bash

  • "Bourne Again Shell"の略
  • 呼び方:バッシュ
  • Linux でサポートされるシェルの一つ。
  • コマンドを解釈してカーネルに指示する。
  • ".sh" シェルスクリプトを実行する。

.bashrc

  • bash の設定ファイル
  • rc:run command
  • 起動時に1回読み込まれる。
  • "home/ユーザー" に存在する。

APT

  • "Advanced Package Tool" の略
  • 呼び方:アプト
  • ソフトのインストール・アンインストールを行うための管理システム。
  • Debianディストリビューションで使用する。
  • 以下のコマンドでインストールできる。
    • apt install パッケージ名

apt.conf

  • APT の設定ファイル。
  • "/etc/apt/apt.conf.d" に存在する。???


設定手順

1.".bashrc" の設定

  • Ubuntu を起動する。
  • vi で ".bashrc" を編集する。
vi .bashrc
  • 以下を一番下に追記する。
  • ":wq" を入力すれば、保存して、viを終了できる。
## proxy setting
export http_proxy=http://172.20.16.253:8080
export https_proxy=http://172.20.16.253:8080

2."apt.conf" の設定

Acquire::ftp::proxy "ftp://172.20.16.253:8080/";
Acquire::http::proxy "http://172.20.16.253:8080/";
Acquire::https::proxy "http://172.20.16.253:8080/";
  • "/etc/apt/apt.conf.d" ディレクトリとは別に apt.conf ファイルを用意する。
  • sudo touch /etc/apt/apt.conf
  • "touch" コマンドでファイルを生成できる。
  • "sudo touch" コマンドで管理者として実行できる。
  • 入力後、パスワードが必要である。
  • 編集方法
    • sudo vi /etc/apt/apt.conf
    • "sudo vi" コマンドで管理者として vi で編集できる。
    • 上記のコマンドを入力する。コピペできないので辛い。。。
    • 入力後、Escキーでコマンドモードに切り替える。
    • ":wq" を入力すれば、保存して、viを終了できる。


確認方法

その1:環境変数の表示

  • 何か表示された場合、その設定で処理される。
  • 何も表示されない場合、未設定である。
printenv http_proxy https_proxy

その2:WEBアクセス

  • 正しい設定である場合、アクセスできる。
  • 正しい設定でない場合、タイムアウトする。
    • 3分後くらいに、"failed:Connection timed out." と表示された。
    • windows で編集して改行コードが異常な場合、bad portnumber と表示される。
wget https://yahoo.co.jp | more



以上